無料オファーの批判的見解について | 情報商材購入ナビゲーション インフォ8

無料オファーの批判的見解について

ブログランキングはこちら
人気ブログランキングへ

今年は、無料オファーがかなり多かったですね。

無料登録すると1件数百円のアフィリエイト報酬が入るものです。

これは、アフィリエイターさんによっては、
「たった数百円で他人に大切な読者をとられてしまう!」ということで、あまり良い評価をしない場合もあります。

しかし、これは、一般のビジネスにあてはめることで本当の価値が見えてくると思うんです。

例えば、無料サンプルを配って集客する方法は、オフラインのビジネスでも活発です。

  • 化粧品サンプルを配ったり
  • 試食コーナーを作ったり
  • 無料で資料を配ったり

数限りなくありますね。

これを配布する人は、その会社の従業員など雇われた人達です。

だとすると、無料オファーを配布するアフィリエイターは、この雇われた人と同じ立場とも見ることができます。

そして、従業員が時給でもらうか件数によってもらうか解りませんが、
それと同じようにアフィリエイターも無料オファーを配布した分だけ報酬をもらいます。
(更に言えば、沢山件数を獲得できる人であれば、報酬が多くなるのは、オフラインビジネスも同様です。)

報酬がもらえるということを感謝すべきですし、それが嫌ならば、無料オファーを提供する側に回れば良いわけです。

無料オファーを提供する側は、優良な無料オファーをお金をかけて配布して、その元を取れる仕組みがありますし、実力があるわけです。

その実力をつけるまでは、無料オファーを配布する側として活動して、そこから色々なところを学ぶ必要はあると思います。

そして、将来は、自分が無料オファーを提供する側に回れば良いわけです。

僕の中では、アフィリエイターが実力をつけてからインフォプレナー(情報起業家)になるというのが王道だと思います。

実際、そういうパターンが多いのも事実です。

だから、別に変なプライドを持って、アフィリエイターとインフォプレナーは同等でなければならないという風にアフィリエイター側が思う必要はないと思います。

リスクをとっている側が収入が多いというのはごく自然の形でしょう。

インフォプレナー側は、アフィリエイターには無いリスクがありますし、苦労があるわけです。

ですので、アフィリエイターがインフォプレナーに
「大切なリストを安く渡してしまう!」という風に極端に考えすぎるのも問題だと思います。

また、最近では、無料オファーでリストを集めた後、そのあとのバックエンド商品もアフィリエイトできると言う案件も多いです。
(バックエンド商品とは、最初のオファーを受け取った人に、後でセールスされる商品のことです。)

ついこないだ僕も阿部式せどり塾の無料オファー1件500円100件以上配りました。

そして、その後、更にその無料オファーバックエンド商品であるをアフィリエイトしたところ、それも4件も成約できました。

塾の報酬は1件数万円です。

つまりこの場合、無料オファーを配布することで読者さんが僕とインフォプレナー側の両方のメールを読むようになり、その後、僕のメルマガを読んで塾に入った場合、その報酬は僕に入ってきたわけです。

最近は、こういう風に、インフォプレナー側もアフィリエイター側とのWin-Winの関係をかなり配慮してくれる傾向になって来ました。

そもそもWin-Winの関係が成り立たなければ、そのビジネスモデルは崩壊します。

また、無料オファーを配布することで、読者さんを活動的にしますし、市場全体を盛り上げる効果もあります。

この観点も重要です。

市場全体を盛り上げて活性化させれば、その市場が大きくなった分、その市場に身を置く自分も稼げるようになります。

「フリー戦略は、他者に自分の読者をとられる」という視点ももちろん間違いではありません。

しかし、それ以上にもっと大きな視点で見ることも大切だと思うわけです。

「1件数百円で大切な読者さんを明け渡してしまう。」

「だから、無料オファーは配るのを控えた方が良い。」

という考えは、ある面傲慢だと思いますし、考え方の範囲が狭いように感じます。

アフィリエイターは、紹介業であり、その紹介業で腕を磨いて、自分が紹介してもらう側であるインフォプレナーになる。

というルートが自然だと思います。

アフィリエイターとして無料オファーを配布する経験を積めば、インフォプレナーになった時に配布するアフィリエイター側の気持ちが分かるようになりますよ。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 情報商材購入ナビゲーション インフォ8

この記事のコメント

かれんさん、コメントありがとうございます。
>無料オファーに対するアフィリエイターの立ち位置について、
>私もここ何カ月ずっと考えていました。
そうでしたか、少しでもお役に立て嬉しいです。
無料オファーには、色々メリットもありますが、
やはり「読者さんには常にいいものを提供する」ことを軸におくべきだと感じます。
応援感謝です。
♪蘭さん
ご丁寧なコメントありがとうございます。
「読者さんには常にいいものを提供することを役目と考えている」というコメントに感銘を受けました。
自分にとってプラスかマイナスかという視点で見てしまいがちですが、
その考え方が、根本の中心にあることが最も重要ですね。
改めて気づきのあるコメントありがとうございます。
応援感謝です。
せいさん
コメントありがとうございます。
無料オファーには、当然、マイナス面とプラス面がありますね。
やり方によっては、リストを消費するということよりももっと大きなメリットがあるとも思います。
応援感謝です。
宮嵜さんへ

初めまして。あし@より参りましたかれんと申します。
よろしくお願いします。

無料オファーに対するアフィリエイターの立ち位置について、
私もここ何カ月ずっと考えていました。

ただ何も考えずに紹介するのではなくて、
自分が何をしているのか、きちんと理解したかったらからです。

でもなかなか納得いく答えが見つからなかったのですが
この記事を読んで
「なるほど!」と思いました。

特に化粧品サンプル配布の例は
非常に分かりやすかったです^^。

ブックマークさせていただいたので、あとでもう一度
じっくりメモを片手に拝読させて頂きます。

応援☆しています。
宮嵜さん^^

ブログにコメントをありがとうございました。

この記事はメルマガで読ませていただきました。

そうですね~無料オファーは、どうしても「読者を売る」というイメージで、
そういった無料オファーを紹介している人のことを批判している方もいましたね。

わたしも今年は無料オファーが多かったな~と思いましたが、そうはいっても、
アフィリエイト出来て、300円でも500円でも報酬が払われるということは、確かに感謝ですよね。

有料のものはそうたくさん売れませんが、無料だと読者さんも気軽に申し込んでくれますし。

自分が稼ぐことも大切ですが、読者さんには常に「いいもの」を提供、紹介することがわたしの役目だと思っています。なので、有料・無料問わず、いいと思ったもの、読者さんに手にしていただきたいものは遠慮なくお薦めすることにしています。

「わずかな小銭を稼ぎたくてやっている」とか、批判する人もいますが、
批判したい人にはさせておけばいいのではないでしょうか^^

人の動機まで疑うのは僭越ですしね。

応援済みです。
宮嵜誠さん。

こんにちは。

せいと申します。


私のブログへのご訪問&コメント&応援&相互リンクをしていただきありがとうございます。

無料オファーをアフィリエイトする事には、いろいろな賛否の意見があるみたいですね。

ただ、無料オファーというのは、アフィリエイターにとっても決してマイナスな面ばかりではないことは、当然のことですね。

アフィリエイトの実績がない時は、無料オファーから始めるのが、稼げるようになる一歩の手段ですし、バックエンドなどがあれば大きく稼げるようになります。

考え方ひとつで、無料オファーでも十分稼げるようになりますね。

また、遊びに来ます。

応援完了です。

この記事へのコメント

人気ブログランキングへ

情報商材購入ナビゲーション インフォ8 TOP » アフィリエイト, ネットビジネス, 記事 » 無料オファーの批判的見解について