インターネットビジネス | 情報商材購入ナビゲーション インフォ8

レビュー評価一覧

レビュー一覧バナーリンク

年商6億5千万円の会社を作るシンプルな方法

海外の情報を学ぶというのは、とても重要です。

実は、日本のインターネットビジネスは、海外で流行ったものが、後でそのまま流行っています。

アフィリエイト、情報ビジネス、コピーライティングなどなど、海外で先に流行したものばかりです。

ネットビジネスのマーケティング、コピーライティングなど、そのルーツは海外にあるんです。

ネットビジネスにおいて今や主流であるメールを使ったDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)も当然、海外から先に成功事例を出したものです。

僕たちは、目の前の、アフィリエイターとかネット起業家とか月100万円とか月数10万円程度の収益を上げている比較的近い人から教えを受けています。

もちろん直接的にメールやスカイプでやり取りしたりする手の届く距離に立っているメンターを持つことがとても重要です。

しかし、そのメンターのメンターのメンター、、、と、さかのぼってゆくと、そのルーツは、欧米にあります。

ジェイエイブラハムとかダンケネディとか日本人アフィリエイターには、なじみがない巨人にたどりつくわけです。

日本のネットビジネスでは、そのルーツをたどって、海外の手法を取り入れる会社は、比較的少ないです。

しかし、圧倒的に成果を上げている会社を見てみると、やはり海外からの知識に重点を置いています。

中でも、そういった海外のマーケティングを勉強して、この業界で圧倒的に成功しているのがダイレクト出版だと思います。

海外のマーケターや成功者の教材を翻訳して、コンテンツ販売している会社です。

今や、ジェームススキナーやロイスクルーガーともビジネスパートナーとなっています。

7つの習慣などのコンテンツも手掛けていて、注目を浴びている会社です。

このダイレクト出版の小川さんは、日本のネットビジネスの業界でも古い方でしょう。

しかし、実は、後発組でありながら、海外の手法を取り入れて成功している人がいます。

・・・

nozanこと野山さんです。

この方がネットビジネスに参入したのが、2009年の2月だそうです。

僕が本格的に始めたのは、2009年10月でしたので、それより、たった8カ月ほど前です。

しかし、その成長スピードはものすごく、今や1億円を売り上げる数名の会社を持っています。

利益で月に1000万円稼ぐ力があります。

その人と、また情報販売業界で有名な横山直広さんの共同のプロジェクトが始まりました。

横山さんの会社は、これまた海外の手法を取り入れて、年商6億5千円以上を売り上げています。

これは、かなり注目の動画コンテンツですので、ぜひとも見て下さい。

⇒ 海外マーケティングの活用事例と情報収集の方法

情報商材購入ナビゲーション インフォ8 TOP » インターネットビジネス