リスト | 情報商材購入ナビゲーション インフォ8

レビュー評価一覧

レビュー一覧バナーリンク

リストビルディング大百科が遂に解禁

ついに、、ついに、、あの教材が一般販売されました。

僕が数か月前に購入してずっとずっと温めて、

ずっとずっと紹介したかったあの教材です。

以前「楽しみにしていて下さいね!」メルマガでお伝えしていましたが、結局3ヶ月後の今になって一般販売されました。

この教材を紹介する前に、僕がとても大事に思うことをお伝えします。

昨日もお伝えしましたが、ノウハウ部分や扱う媒体は時代共に変化します。

サイトでしか稼げない時代があったと思えば、ブログが稼げる時代があり、

メルマガが稼げる時代があれば、ツイッターやフェイスブックが効果を発揮する時代もある。

そのように、稼げるノウハウや効果のある媒体というものは、時代とともに変わってしかるべきです。

しかし、時代が変わっても、変わらないものがあります。

それが、僕が「稼ぐ原則」と呼んでいるものです。

それが、時代が変わっても変わらない人間の心理、地球上で上から下にものが落ちるのと同じような自然の法則です。

今日、満を持して紹介するこの教材は、スゴイです。

二人のネット起業家が時代に左右されない普遍の稼ぐ法則稼ぐ原則を語った教材です。

2012年、ますますリストが重視される時代です。

本当の差別化をして、本当の独占市場を築き、本当のブランドとなるための教材です。

あなたは、15000本以上売れている超ロングセラーの情報商材を知っていますか?

「これがなければネットビジネスは始まらない!」というくらい有名で必須の情報商材です。

そのロングセラーの「大百科」から5年、、あのW氏が「新たな大百科」を世に出しました。

それが、こちらです。

解禁教材

ネットビジネスを始めて間もなくて、「アフィリエイトとか情報商材とかメルマガという言葉の意味も良く分からない。」

「リストという言葉の意味も分からない。」という場合、ご購入前にご相談下さい。

ネットを使った全てのビジネスどころか、ネットを使わないオフラインビジネスにも通用するノウハウです。

この教材をお奨めしたい人は、

  • 自分のビジネスを始めたい人
  • 自分のビジネスの収益を上げたい人
  • ビジネスで長期的に稼ぎたい人

です。

また、もちろんメルマガアフィリエイターにもお奨めです。

しかし、もしあなたが、こずかい稼ぎ程度を望んでいるとしたら、または、即金で稼ぐノウハウを望んでいるとしたら、勉強にはなりますが、お奨めできません。

おそらく、チンプンカンプンになるでしょう。

詳しくは、レビューページと販売ページをお読みください。

⇒ リストビルディング大百科 レビューと特典

リストビルディング おせっかいじゃないか?と思うかも知れません。

ここ数日は、濃い読者についてお伝えしています。


昨日の記事

最近僕が注目している言葉が、リストビルディングです。

リストビルディングというのは、濃い読者を集めることです。

違う言い方をすると、集めた読者さんを濃い読者さんにすること。

精読率の高い読者さんにすることです。

情報商材アフィリエイターの特権として特典戦略によって濃い読者さんを増やすことができます。

一度購入して下さったというだけで、それは、濃い読者さんになります。

しかし、更にそれ以上に濃い読者さんになって頂く方法があります。

その方法は何でしょうか?

・・・

それは、購入した後も、フォローしてあげることです。

おせっかいじゃないか?と思うかも知れません。

しかし、実は、これが購入者さんに非常に喜ばれます。

アフィリエイターさんは、「売っておしまい」という場合がけっこうあります。

そもそも、アフィリエイターというのは、商品を紹介することが仕事です。

ですので、販売者さんと購入者さんをつなげる役割です。

ですので、アフィリエイターの仕事は、「紹介」だけすれば、それだけで「十分」とも言えます。

しかし、だからこそ、それ以上のことをしてあげることで差別化することができます。

紹介するだけのアフィリエイターさんと比べた場合、「ここまでしてくれるのか?」と驚かれますし、感謝されます。

僕も「ここまでサービスしてくれる人はいないですよ」と言って頂けたこともあります。

そうすることは、「リピーターになって頂くため」という目的を抜きにしてもやる価値はあります。

自分としても仕事にやり甲斐が出てきます。

「そんな面倒な、、」と思う人は、そこまでやる必要はないでしょう。

しかし、やってあげた分、喜ばれますし、感謝して頂けます。

こちらとしても高額報酬を頂いているわけですし、一手間かけて上げることで自分としても気持ちが良いわけです。

「特典戦略」によるリスト取得その後のフォローは、リストビルディングと言う観点から見ても重要です。

ぜひ実行して下さい。

情報商材アフィリエイターの特権

あなたの記事をしっかり読んでくれる読者さん。

そういう濃い読者を集めることが一番重要です。

見せかけだけの読者数ではなくあなたのファンと呼べるほどの読者です。

ここ数日、「濃い読者」をテーマに記事を書いています。

今日は、「アフィリエイターが濃い読者を集めるための有効な方法」についてお伝えします。

あなたから一度購入した人が最も濃い読者さんです。

これは、アフィリエイトでも同じです。

もちろん全員ではありませんが、一度購入して下さった方は、あなたのメルマガを熱心に読んで下さいます。

だとすると、ここで大きな課題は、「購入者リストの取得」です。

これが割りとスムーズにできるのが、情報商材アフィリエイターの特権です。

情報商材アフィリエイトの最大のメリットは、個人的にはここだと思っています。

で、どうすれば良いかというと、、購入者特典をつけます。

そして、特典を購入者さんに請求してもらうことで「購入者リストの取得」が完了します。

濃い読者を集める手段としても「特典戦略」があるわけです。

ですので、特典戦略は、情報商材アフィリエイターの「肝」とも言えます。

情報商材アフィリエイトを今後実践するならば、この「特典戦略」を重視しましょう。

特典の質と量を充実させる。

特典の受け渡しを円滑にする。

もう一度購入したくなる仕組みを作る。

上記のような特典戦略は、濃い読者を確保するためにとても重要です。

濃い読者を増やすために覚えておいて欲しいこと

昨日は、リストビルディングというお話をしました。

リストビルディングとは、顧客リストを構築するということです。

僕のメルマガは部数が2万部を越えましたが、この部数が問題ではないというお話でした。

それ以上に、精読率の高い読者、、熱心に読んで下さる読者さんがどれほどいるか?

これが重要だということです。

この熱心に読んでくれる読者さんを増やすのが、リストビルディングであり、そのために必要な要素が差別化です。

で、この差別化をアフィリエイターの立場でする場合、商品でするわけには行きません。

ですので、

文章力とか

面白さとか

信頼関係とか

キャラクターとか

誠実さとか

色々なことで差別化します。

そして、情報商材アフィリエイトでまず取り組むべき差別化最も簡単に差別化する方法を今日はお伝えします。

・・・

特典による差別化です。

「特典って購入してもらうための差別化じゃないの?」と思うかも知れません。

確かにそうです。

あなたから購入してもらうための理由を作るために有効なのが特典です。

しかし、実は、特典によって、あなたからもう一回購入してもらう理由を作ることもできるんです。

リピーターになって頂くことができます。

その方法は、いつかあります。

購入者さんのメールアドレスを取得してフォローメールを送る。

素晴らしい特典をプレゼントする。

あなたから何度も購入したくなる仕組みを用意する。

などなど、特典戦略によって差別化して、購入者さんとの信頼関係を築くことができて、その結果リストビルディングの効果をもたらすことができます。

購入者さんはアフィリエイターにとっても貴重な固定客です。

実際、僕の場合も、一度購入してくださった方が再度購入してくださることも多いです。

リピーターになって頂くためにも非常に重要な戦略が特典戦略です。

ぜひ、憶えておいて下さい。

じゃなくて、ぜひ実践して下さい。

メルマガ部数が2万を超えることは嬉しいことですが、、しかし、、

まぐまぐのメルマガ部数が2万部を越えました。

誠にありがとうございます。

これは嬉しいことですが、ただ手放しに喜ぶことはできません。

確かに部数が多いことは、一つのブランディングになります。

ある面、ステータスとも言えるでしょう。

しかし、これをただ喜ぶことができない理由があります。

なぜかというと、この「部数」よりもこの読者さんたちがどれだけ読んでくれるか?

「精読率」の方がもっと重要だからです。

ですので、ここで喜ぶのではなく、ここからが勝負とも言えます。

これから、読者さん、つまりあなたとの信頼関係を築いてゆくわけです。

これからがリストビルディングです。

リストビルディングとは、つまり顧客情報の構築です。

簡単に言うとあなたのファンを構築してゆくこと、、

ブランディングとも言えますし、生意気な言い方をすれば「教育」です。

ネットビジネスをある程度やれば、アクセスの集め方とかメールアドレスの集め方などのノウハウは皆同じです。

ある程度決まってきます。

そして、この集め方は、時代と共に変化します。

その中で重要なのものとは何でしょうか?

・・・

実は、最近リストビルディング大百科と言う面白い教材を購入して勉強しています。

で、やはりこの教材の中で言っているのは、「差別化」の部分です。

リストビルディングをしてゆくためには、、、

言い換えれば、あなたのファンを作ってゆくためには、この「差別化」が重要なんです。

特に、アフィリエイターの場合、アフィリエイトする商品は販売者側のものなので、商品で差別化することはできません。

ですので、別の部分で「差別化」してゆかないといけません。

で、アフィリエイターは、どこで「差別化」すべきか?

これついては明日お伝えします。

メルマガ部数は重要ではありません。

最近は、リストビルディングと言うことについてよく考えています。

リストビルディングと言うのは、顧客リスト構築のことです。

メルマガアフィリエイトをする場合も、このリストビルディングが大きな課題となります。

メールアドレスを集めただけでは、厳密に言うとリストとは呼べません。

使っていないようなメールアドレスもありますし、送っても読んでくださらない読者さんも多いです。

またメルマガを送れば送るほど、クレームになったり、解除される状態では、それは、顧客リストとは、呼べない状態です。

例えば、僕のまぐまぐから発行しているメルマガ

まぐまぐのメルマガ

こちらは、公式メルマガという位置づけで、現在部数は、17000部です。

まぐまぐ!というのは、有名メルマガスタンドで、部数も公開されるので、この部数がブランディングにもなります。

一見すると、1万7千部のメルマガというと「オオモノ」といった感じもします。

ところが、この「部数」自体は実はそこまで重要ではありません。

もちろん重要なんですが、もっと重要なことがあります。

当たり前ですが、この中の読者さんがどれだけメルマガを読んで下さっているか?

これがもっと重要です。

読者増サービスを利用したり無料レポート作成したりすれば読者を増やすことはできます。

しかし、この見た目の数が重要ではなく、精読率の高い読者さんを増やすことがもっと重要です。

精読率の高い読者さんのメールアドレスの言い方を変えると「顧客リスト」です。

メールアドレスだけをただ集めた状態からそれを「顧客リスト」に転換してゆくこと。

これがリストビルディングです。

では、このリストビルディングを一体どのようにやってゆくのか?

これが、メルマガ発行者にとって「肝」の部分です。

これについては、明日以降にお伝えします。

アフィリエイトは、リストを消費する最低のビジネス

ビジネスで利益を上げ続けるための重要な要素は、「集客」と「販売商品単価」と「固定客確保」です。

もし、稼げていないのならば、この3点をチェックすべきです。

そして、この中で重要なのが、「集客」と「固定客」です。

メールを使ったリストビジネスをする場合、基本の流れは、

見込み客を集めて

見込み客との信頼関係を築いて

見込み客に商品を売る。

となります。

この流れを持つマーケティング手法を「ダイレクトレスポンスマーケティング」と呼びます。

ネットビジネスを長くやっている人であれば、よく聞く言葉だと思います。

見込み客を集めて

見込み客との信頼関係を築いて

見込み客に商品を売る。

名前やメールアドレスなどの顧客情報を扱うリストビジネスにおいては、基本、この繰り返しです。

この流れを繰り返す中で、あなたのファン、あなたの固定客が増えてゆきます。

メルマガ読者をただ集めた段階では、リストとも呼べない状態ですが、信頼関係を築く中で、顧客リストとなります。

これをリストビルディングと呼びます。

このリストビルディングをする上で、一番効果のある方法は何でしょうか?

・・・

それは、あなたから購入してもらうことです。

一度あなたから購入したお客さまこそが、最も濃い見込み客となるんです。

だからこそ、昨日もお伝えしたように、情報商材アフィリエイトでは、特典を付けるべきです。

また、特典を配布する際は、特典請求フォームをはさむ必要があるわけです。

アフィリエイトは、「リストを消費する最低のビジネス」だと言う起業家もいるそうです。

それは、購入者リストをとれないからです。

しかし、情報商材アフィリエイトで、特典戦略を組むことで購入者リストをとることができ、この問題を解消することが可能です。

ただ、特典を付けて差別化するとか特典を付けて読者さんに買いやすくする。というだけでなく、特典戦略にはそういった重要な意味もあります。

だからこそ、特典戦略は、情報商材アフィリエイターにとって必須だと言えるわけです。

色々な意味で、特典戦略は情報商材アフィリエイターの「命」と言えます。

リストを構築するための根本メソッドを学ぶ教材です。

最近、リストビルディング大百科という教材をよく学んでいます。

原田翔太さんと和佐大輔さんによるコラボ教材です。

最近は、アフィリエイターの間でもリストビジネス系のコンテンツが多く出回っているように思います。

例えば、ここ最近では、ネットビジネス三種の神器7つの起業・副業法の中の一番目のコンテンツで、リストビジネスについて学べます。

これらは、メルマガでビジネスをやる者には、必須の教材と言えます。

無料なので、必ず見ておいて下さい。

上記の教材は、リストを構築するための具体的なノウハウを教えてくれます。

それに対して、今僕が学んでいるリストビルディング大百科は、より深いノウハウを教えてくれます。

リストというのは、ただ集めるだけではダメです。

集めた段階では、顧客リストとは呼べないでしょう。

例えば、メルマガ読者が10000部だったとしても、全部が顧客リストとなっていない場合が多いです。

形だけの読者ではなく、実際にオファーを投げれば反応してくれる読者や何かアクションを起こしてくれる読者。

そうなってこそ「読者さん」と呼ぶだけでなく、「お客様」とも呼べるようになります。

「お客様」となった段階で、「顧客リスト」と呼べるようになります。

ただの「メールアドレス」としか呼べないものをしっかりと「顧客リスト化」しないといけないわけです。

更に、購入していただいたら、それは「購入者リスト」となってより濃いファンとなり、固定客となります。

ビジネスであるならば、収益を上げられるような顧客との関係を築いて行かないといけません。

このようなリストを構築することをリストビルディングと言います。

このリストビルディングについてより深いレベルで学べる教材がリストビルディング大百科です。

ノウハウレベルではなく、より根本的な考え方から再構築するような教材です。

ビジネスの経験が全くない人には、かなり抽象的な内容に感じるかも知れません。

しかし、繰り返し学ぶことで、より深く知ることができます。

この教材は、今までよく聞いてきた、ただ「リストを集めて教育する。」というようなノウハウではなく、長期にわたって、通用する内容であり、リストとの関係を築く戦略が語られています。

環境の変化によって変化するような内容ではありません。

集客のノウハウは、時代と共に変わるものです。

そういったものにとらわれない普遍的戦略を組むことができる教材です。

この教材欲しいですか?

ところが、先行販売が終わって現在、販売停止中です。

また販売するそうですが、いつになるかは不明です。

販売開始する際には、事前に必ず連絡しますので、楽しみにしていて下さい。

フリー戦略は、販売者側の戦略でしたが、いよいよアフィリエイターの番ですね。

ネットで稼ごうとする場合、色々な方法があります。

ネットで稼ぐ上で必須のツールをご存知でしょうか?

・・・

メールです。

ですので、あなたがネットで稼ごうと考えているならば、このメールによってネットで稼ぐ方法(メールマーケティング)を学ぶことは、必須事項になります。

今日は、メールに関することについてお伝えします。

     

フリー戦略

無料オファーによるリスト収集からの一連の戦略を「フリー戦略」と言います。

これは、今まで、「インフォプレナー(情報起業家)や販売者側がやるものである。」

そういうイメージが強かったです。

しかし、今後はアフィリエイターでもこのような戦略を組んで行くようになるでしょう。

実際に、僕自身もこの「フリー戦略」を実践しました。

その結果、おかげ様で、収益が上がりました。

ありがとうございます。

ただ、無料オファーをお金をかけて配布するならば、それ以上の収益を生み出す必要があります。

収益を生み出す仕組みを用意して、広告費をかける必要があります。

そういったメールマーケティングを学ぶ上で様々な教材が出ています。

こちらの「夢リタザネクストステージ」もメールマーケティングを学ぶ優良な教材です。

ネットビジネス三種の神器

そして、もう一つ非常に学びになる教材がありました。

こちらです。

7つの起業・副業法

これは、40名の起業家から沢山の教材が学べる無料コンテンツです。

この中の一つ目、「バリ島100万円セミナー映像」がメールマーケティングを学ぶ上で、非常に良い内容です。

メルマガでビジネスをしたいと考えている方は、必修のセミナー映像です。

必ずご覧下さい。

⇒ 7つの起業・副業法

受け取る側を卒業して、仕掛ける側に回る方法

無料オファー戦略についてお伝えします。

無料オファーとは、コンテンツを無料で配布することで報酬がもらえるアフィリエイトのしくみです。

メールアドレス無料登録1件で、数百円からもらえて、なんと1000円もらえたりもします。

ここでは、便宜上、メールアドレスや顧客情報のことを「リスト」と言う呼び方をしますが、ご理解下さい。

無料オファーの配布は、リストを流すという側面とリストを活用するという側面があります。

眠っているリストを一つのアクションをきっかけにして活動的になって頂くということです。

無料オファーについて考える時、三者の観点があります。

1,無料オファー提供者側

2,無料オファーを配布するアフィリエイター側

3,無料オファーを受け取る側

今日は、この「無料オファーを受け取る側」に立って考えてみたいと思います。

無料オファーには、マニュアルなり音声なり動画などがあります。

これらを総称してコンテンツと呼びます。

無料オファーを受け取って純粋にその「コンテンツ」を熱心に学ぶことは非常に重要です。

そして、その学んだノウハウを持って実際に取り組んでみるという選択もあります。

そしてもう一点は、その無料オファーを受け取った後のマーケティング戦略を見て学ぶことができます。

よく言われるのが、「いつまでも受ける側にたつのではなく、仕掛ける側にならないといけない。」ということです。

あなたが、無料オファーを受け取る側にいるだけでなく、

あなたが、無料オファーを仕掛ける側になる準備をするんです。

そのために、無料オファーを受け取った後、どのようなオファーが展開されるのか?

これを見て学ぶ必要があります。

悪い言い方をすれば、盗む必要があります。

あなたが、現在ノウハウの軸を持っていないならば、そこまで意識して学ぶのは疲れるので、純粋にノウハウを学んで下さい。

しかし、あなたに取り組んでいるノウハウがあってビジネスで次の段階を目指す場合、そういった「盗む」観点も必要です。

この盗むスキルを「スワイプスキル」と言います。

もちろん、そのまま同じことをやったらいけませんが、自分のものとして落とし込んで同じ型を使ってみることは非常に有効です。

情報商材アフィリエイトをやっていれば、いずれは、無料オファー戦略をやる時が来ると思います。

無料オファー戦略や様々なリストマーケティングについて学べる無料オファーがこちらです。

ネットビジネス三種の神器

情報商材購入ナビゲーション インフォ8 TOP » リスト