自己流 | 情報商材購入ナビゲーション インフォ8

レビュー評価一覧

レビュー一覧バナーリンク

出し惜しみのない情報教材

昨日は、「アフィリエイトで稼ぐためには、自己流ではいけません。」というお話をしました。

自己流でやることで、驚くほど遠回りになります。

もし、凄いアイディアがあったり、あり得ないようなラッキーなことが起これば、自己流でも稼げるかも知れません。

しかし、基本的に、今のアフィリエイト業界で自己流で稼ぐことは、かなり難しいです。

じゃあどうするのか?というと、自己流をやめることです。

既にこの業界で揺るぎ無い実績を上げている人の真似をします。

僕の真似をしたい!と仰るならそれは嬉しいことです。

しかし、僕もアドバイスは出来ますが、まだまだ足りません。

自分で言うのも何ですが、今の私の真似をしても、月100万円とか圧倒的には、稼げないでしょう。

これは、やってみないとわかりませんが、、、

しかしもっと確実なのは、もっともっと、確固たる実績をあげていて、更には、もっと多くの人に結果を出させている人の真似をすることです。

では、その人を真似をするためには、どうしたらいいのか?

というと、その人の人となりや手法を調べるというだけでは、限界があります。

一番いい方法をお伝えします。

・・・

それは、

その成功者が、

自分のノウハウを、

全て

出し惜しみなく

網羅して

書き下ろした教材

を読んで、実践することです。

大抵の場合、相当優良な教材でも、成功者の全てを網羅していることは少ないです。

出し惜しみしているというか、書ききれていないんです。

しかし、実は、ネットビジネスで圧倒的に成功した人の全てのノウハウを出し惜しみなく書き綴った教材があります。

その教材は、明日紹介しますね。

アフィリエイトを自己流で稼ごうとすると大打撃を受けます。

アフィリエイトを始める時、自己流でやる方がけっこういます。

しかし、自己流でやることで、かなり遠回りになります。

今や、多くの人が、既に成功したノウハウを軸に、実践しています。

それなのに、その中で、自己流で、たち打ちできるのか?

ネットビジネスが始まり、初期の頃ならば、自己流でもいけたかも知れません。

しかし、現在は、ライバルがほとんど、体系化された一つの軸を元に実践しています。

そこに、自己流で臨むのは、やはり効率的とは言えません。

僕自身も、アフィリエイトを始めて、1年近くは、稼げませんでした。

広告費を無駄に使って「マイナス24000円」という実績を出したほどです。

その原因は、やはり、自己流だったからです。

もちろんネット上で調べたり、本で読んだ内容を参考には、しました。

一応、成功例などを参考にしているので、一見、これは「自己流」とは言えないようにも思えます。

しかし、これが自己流だと言うんです。

なぜかというと、情報を色々なところからかき集めているからです。

ですので、結局、成功者のノウハウではなく「寄せ集めた自己流」になってしまっていたわけです。

ですので、この自己流から脱するためには、体系化された一つの軸に集中することです。

まず一人の、成功者のノウハウに集中します。

他の人のノウハウや、自分のノウハウを取り入れることなく、まずは、成功者のノウハウにひたすら集中です。

そして、実践しきった段階で、他のものを取り入れるんです。

アフィリエイトで稼げない第一の原因は、継続しないことです。

しかし、継続したとしても、あっちこっちのノウハウを実践していては、継続しても結局、結果に結びつかないんです。

一つのノウハウに集中しないことで、継続しても「稼げない」という結果を招くんです。

かく言う僕も、軸を3回変えています。

まずある教材を徹底的に実践しました。

そして、月7万円を超えました。

次に、またある王道教材を実践して、月20万円を達成しました。

その後、また、ある教材を軸にしました。

これで、月43万円越えができました。

確かに稼げたのは、稼げました。

それは、ある一定期間一つの軸の教材に集中したからです。

しかし、良く考えてみると3回軸を変えています。

一つの教材を極めたというレベルに至る前に変えているんです。

もし、変えないで、最初の一つ目の教材に集中し続けていたら、、、

あるいは、二つ目の教材に集中し続けていたら、、

結果、今よりも稼げていたかどうかはわかりません。

ただひとつ注意点は、、これら3つの教材は、ノウハウが重なる部分があって、その重なる部分は残して継続して来ました。

毎回0からやったわけではありません。

何をお伝えしたいのかというと、自己流ではなく、既に成功者がいるノウハウに集中することです。

まずは、王道のノウハウに集中して、ある程度の稼げるノウハウを身につけて、その上で、差別化を目指しましょう。

情報商材購入ナビゲーション インフォ8 TOP » 自己流